ブログ内検索
>
<< 桜を見ました | main | Flash Interactive Motion Design >>
石田ゆり子さんのこと
エッセイ『天然日和』を半分くらい読んだところで、
ずいぶん共感するところの多い人だなと、つい思ってしまった。
こんなふうに書いたら何ともおこがましいけれど。

彼女は、日本の女優さんのなかで、
たぶん一番すきといえる存在かもしれない。
清楚だけれどほのかな色気があって、線が細いようでこだわりをきちんと感じられる。
そういうところに憧れる。

話は戻って、共感した部分。

インテリアや雑貨がすきなところ
色を感じるのがすきなところ
その色のなかでも、選ぶのが大抵ベージュであるところ
優しさは他人への想像力だと考えるところ
言葉を大切にしたいと思っているところ
手に色っぽさを感じるところ
本がすきで、文章を書くことがすきなところ

ゲームはほとんどしないのに、
なぜか『バイオハザード』だけはとことんやるところ
そして、あのゲームを作った人たちに感動しているところ(笑)

それにしても、風通しの良い、心地よい文章を書く人だ。

ゆり子さん自身も「やりたいこと」とイメージされているようだけど、
いつかきっと素敵な小説を書き上げられるのではないかな。
| by yura29 | 音楽・映画・本・芸術 | 20:56 | comments(0) |
コメント
コメントする