ブログ内検索
>
<< あひるとペンギンと猫と暮らしたい | main | 好きなままで長く >>
冷めないうちに

何かをしながら、暖かい飲み物を
飲むのが好きです。

仕事をしながら、DVDを観ながら、本を読みながら、人と話しをしながら。


でも、私にはひとつ問題があって、
障害の影響からか、頭との接触がどうも上手にいかないらしく、
カップが熱かったとき、素早く離すかわりにぎゅっとにぎりしめてしまうのです。
意図してにぎろうとしても、握力計ではゼロのくせに。
「にぎれるじゃん!」と自分に突っ込みたくなります。

取っ手では支えて持ち上げきれず、
だから、熱い飲み物は、うつわが冷えるのを辛抱強く待って、
結局のところ、ややぬるくなったものを飲むことになるのです。

最近、サーモマグなるものを買い使ってみたところ、
外側に温度が伝わらないので安心して持てることも、
長い時間暖かいまま飲めることも、快適。

サイズも一番小さな290mlでちょうどよく、見た目も可愛いくていい感じ。
問題が解消された上、長く使えそうなのでお気に入りです。

* * *
ちょうど読んでいた江國香織さんのエッセイ『とるにたらないものもの』でも、
身の回りにあるモノへの愛情ある文章を楽しみましたが、
自分なりのお気に入りとの出会いって、わりとあるものですよね。
(それにしてもこの本、ひとつひとつにいちいち「わかる!」とうなづいていました)

なんて言いつつ、私は自分の欠けている部分を補ってくれるモノ、
便利なモノにめっぽう弱いので
江國さんのように感性豊かな目線ではまったくないのですが。

| by yura29 | インテリア・雑貨 | 21:12 | comments(0) |
コメント
コメントする