ブログ内検索
>
<< 冷めないうちに | main | たとえば、息つぎの日 >>
好きなままで長く
歌詞を眺めながら、繰り返しアルバムを聴くということが久しくなかったのだけれど、Mr.Childrenの『HOME』を今そんなふうに聴いている。

気づけば、彼らの歌を聴くようになって14年あまりたってしまった。
危うくて尖ったメッセージソングもストレートで優しいラブソングも好きだけれど、私のなかで、アルバムとしては『Atomic Heart』を抜いて、一番好きと言えるものかもしれない。
こんな時は、聴き続けて良かったと思う。

ありふれた日常と、意識していなかった大切なものについて歌っている。
なんとなく初期の頃に戻ったようでいて、大きく変わっている。

それにしても、変化しつつ、何かひとつのものごとを貫く難しさと尊さみたいなものを感じてしまう。

私は、何でも続けることだけに意味があるとは考えていないのだけれど──思い切ってやめてみること、違うドアを叩いてみることにも大いに意味があると思うから。
でも、好きなものや「これ!」と感じたものにずっと関わっていく、
たずさわっていけることはやっぱり幸せなことだと思わずにいられない。

それが仕事であるならばもちろん素晴らしいけれど、
その道のプロでなくたっていい。ちいさな「好き」だっていい。
時々嫌いになってみたり、気持ちが離れたり、また好きになったりしながらも。

そう、たとえば私なら──
60歳くらいになっても、村上春樹の小説を読んでいて(そのためにも春樹さんには長生きしてほしい)、音楽を聴いて「感動した〜」とこんなふうに騒いでいたり、ノートのはしっこでもいいから文章を綴っていたりするといい。

そして、できるだけ長く「作る」仕事に関わっていられたら、などと思いを馳せつつ。

自由さは、身体と心が反比例していられるといい。
| by yura29 | 音楽・映画・本・芸術 | 22:15 | comments(4) |
コメント
>時々嫌いになってみたり、気持ちが離れたり、
>また好きになったりしながらも。
力いっぱい頷いてしまいました。
そして励まされました。
私に向けてもらった言葉のように感じられて。
だから勝手に言っちゃいます(笑)
ありがとうございます。

私がずっと読んでいたいものの一つは
栗本薫のグイン・サーガです。
(なんだか性格丸見えのチョイスかも。笑)

ミスチルは街中やTV・ラジオで流れてくる曲しか
聴いたことがないのだけど、こうして時折ゆらさんの
メッセージに現れるので気にはなっていて…私の中で
欲しいものリストのような感じでスタンバイしています。
| guillaumet | 2007/04/17 1:19 AM |
> guillaumetさん

guillaumetさんの想う何かに偶然届いたのですね。
なんだか嬉しいです^^

『グイン・サーガ』人気ありますよね。
私は読んだことないのです。同じ作家の本ばかり手に取るので
なかなか世界が広がらない部分もあって…。
これを機会に読んでみようかな。

ミスチルはもともと好きなのですが、
ぽっと聴いた曲がその時の自分にすんなり入ってくるってこともあるんですね。
好きなものは変わらないけれど、自分の中の変化を感じました。
(変な日本語だけど(^^;)
違う時に耳にしても、通り過ぎるだけだったのかもしれないから。
| ゆら | 2007/04/22 10:27 PM |
「最近のようす」から…
あのCMのふたりはラーメンズというコンビなのですか!?
別々の俳優さんをキャスティングしたものとばかり…
いいコンビネーションだなぁなんて思っていたので
ビックリするやら納得するやらです。
あんまり意外だったので思わずこちらに(笑)
| guillaumet | 2007/06/13 3:53 PM |
> guillaumetさん

そうみたいです。
私も「この人たち何者?」と気になって調べてしまいました。

「そんなことはないでしょ〜」と突っ込みたくなるところも多々ありますが、
パソコンくんのお茶目さ加減が好きだったりして。
いいコンビですよね(笑)
| ゆら | 2007/06/19 10:36 PM |
コメントする